身体的症状が主の精神病

女性

新しいうつ病の形

仮面デプレッションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。仮面デプレッションとは、うつ病でありながら、身体的症状しか現れない状態のことです。別名、仮面うつ病とも呼ばれています。一般的にうつ病は、憂鬱感や倦怠感が続く、無気力になる、自己嫌悪になるなど精神的症状が主なイメージがありますが、睡眠障害や頭痛、肩こりなどの身体的症状が出ることも多くあります。仮面デプレッションの場合、この身体的症状が主な症状となるため、うつであると非常に気づきにくいという特徴があります。実際に医師による判断も難しく、実際にうつ病であると判断しても、患者自身がなかなか納得してくれないというケースも少なくありません。また、精神的症状がないため、周りからの理解が得られないということもよくあるトラブルの一つです。そもそも仮面デプレッションになってしまう人は、まじめで責任感が強く、弱音を吐けない、弱いところを周りに見せられない、と考えている人が多いので、体調が悪くても元気なふりをしてしまうことが多いのです。そのため、上記のようなトラブルが生まれやすくなります。しかし、仮面デプレッションも立派な病気ですので、身体的症状は悪化し、内科へ行っても問題が見つからず、心療内科や精神科を受診してやっと発覚するということも珍しくありません。このように発覚が遅くなってしまうことも大きな特徴の一つで、やっと病院へ行ったときには状態が非常に悪くなっていることも多いので、体の異常に気付いた時点で出来るだけ早く病院を受診することをおすすめします。

仮面デプレッションは、実は普通のうつ病と治療法は大きく変わりません。主に医師によるカウンセリングと、抗うつ剤などの薬の服用が主な治療法となります。ただし、精神的症状が少ないため、処方する薬を判断するのが難しいという特徴はあります。信頼できる医師を見つけ、自分に合った適切な薬を処方してもらうことは大切です。抗うつ剤を服用している間は、症状は落ち着きます。ただし、服用したからといって、すぐに症状が落ち着くわけではありません。長期間服用を続けることで少しずつ症状が改善していきますので、焦らずゆっくりと治療を続けることが大切です。また、うつ病はストレスが原因のことがほとんどですが、仮面デプレッションの場合は原因が内因にあることが多いです。つまり、前述の通り、性格としてまじめで、責任感が強い人がそれを重んじるあまり発症してしまうということです。特に仮面デプレッションの患者は、親和的な人が非常に多い傾向にあります。争いを好まず、自分に厳しく、弱みを見せたくないため、他人に対しても非常に友好的なのです。その反動が、身体的症状に現れてしまうのです。また、周りの人が理解してあげることも重要です。特に仮面デプレッション患者は、「仮病のうつ」「偽のうつ」と言われてしまうことも多く、それによって深く傷ついてしまう患者も多いです。家族や周りの人が病気を理解し、支えてあげることで症状が和らぐことにもつながるので、うつであることを認め、長い目で焦らず治療を行うのを受け入れてあげましょう。

Copyright© 2019 普通に暮らしていると気づきづらい特別な精神病 All Rights Reserved.