うつ病の種類と対策

カウンセリング

症状が特徴的なうつ病

仮面デプレッションとは、仮面うつ病とも呼ばれます。「うつを取り繕って仮病を使っている状態」と誤解されることが多いですが、立派なうつ病の種類の一つです。大きな特徴は、身体的症状が主に現れるという点です。通常うつ病は、憂鬱感が続き無気力になり、情緒不安定になるというのが一般的な症状で、これは精神的症状と言われています。しかし仮面デプレッションでは、このような精神的症状は見られません。頭痛、嘔吐、肩こり、めまい、摂食障害などの身体的症状が主となるため、精神病であると周りから理解されにくいという傾向にあります。また、仮面デプレッションは精神病であると気づきにくい症状のため、内科を受診しても内蔵に異常が見られず、そこで初めて心療内科や精神科を受診し、うつであることが判明するというパターンがほとんどです。そのため、判断されるまでに時間がかかり、その間に症状がどんどん悪化してしまうというトラブルも少なくありません。そのようなトラブルを避けるため、このようなうつの種類もあると認識しておくことは大切です。うつ病は、妊娠うつや季節型うつなど様々な種類があり、仮面デプレッションもその一部なのです。また、日常的にストレスをためないようにストレス発散方法を確立させておく、不安や悩みは一人で抱えこまず誰かに相談する、などの対策も効果的です。弱音を吐くのが苦手な人ほど、仮面デプレッションになりやすい傾向にあるため、家族や友人に言えない場合は、匿名の電話相談などのツールを使うのもおすすめです。

仮面デプレッションを発症させないために、もしかしたらうつかもしれない、と感じたら、すぐに心療内科や精神科などの専門病院を受診しましょう。判断基準は、体の不調が慢性的に続くということです。ただの体調不良や風邪の場合、体の不調は自然と良くなってきますが、仮面デプレッションの場合は徐々に状態が悪化していきます。また憂鬱な気分が感じられなくても、大きなストレスを抱えていたり、髪の毛が抜け円形脱毛症になったり、疲れやすくなったりしていた場合、うつのサインである可能性が高いと考えておきましょう。病院の治療は、抗うつ剤やカウンセリングが主となります。専門医と対話を重ねることで、心の奥にある不安やストレスの原因などを知り、解決策を導いていくことで症状が和らぐ場合があります。また、眠れない、またはいくら寝ても眠いなどの睡眠障害が出ている場合、睡眠薬を処方してくれることもあります。また、抗うつ剤はうつ病の治療に効果的な専門薬です。意欲を向上させたり、気分の落ち込みを改善したりといった効果が主なので、仮面デプレッションの患者に処方する種類は慎重に選ぶ必要があります。長期的な服用を続けることで少しずつ症状が安定し、回復に向かっていくようになります。根気強く治療を続ける、ということが大切です。うつ病や仮面デプレッションを発症してしまったからといって、悲観する必要はありません。誰にでも起こりうる病気ですし、完治もかのうな病気だからです。焦らずゆっくり、周りのサポートを得ながら治療をしていきましょう。

Copyright© 2019 普通に暮らしていると気づきづらい特別な精神病 All Rights Reserved.